新型コロナウィルス院内感染対策

ふじも歯科では日頃の感染予防対策に加え、

歯科医師会、厚生労働省などの最新の情報をもとに

下記の感染予防対策を徹底して行なっております。

 

  感染対策の重要な考え方

感染経路を     感染の疑いのある人を     医療従事者が

遮断すること    スクリーニングすること    感染しないこと

 

ふじもと歯科では、院長、スタッフの検温、治療ごとに

新型コロナウィルス用の問診、その他あらゆる感染対策

を行なっています。

特に、歯周病治療、メインテナンス(クリーニング)は、ウィルス感染

リスクを減らすことが研究結果からわかってきています。

ふじもと歯科の16の感染対策

 

歯を削る切削用ハンドピースは

患者様ごとに滅菌しています。

※滅菌とは全てのウイルスと細菌を死滅させる処理です。

 

ミラー、ピンセットをはじめ根の治療に用いる器具など

すべての器具を滅菌しています。

 

待合室の椅子を減らして人との距離を設けています。

 

飛沫防止のため、

受付にフィルムを貼らせて頂いています。

 

治療前にうがい薬(コンクールF)によりうがいをしていただくことにより感染を予防します。 

※当院で販売させていただいている洗口液です。

 

オゾン除菌、業務用空気清浄機で清潔な空間づくりをしています。

 

グローブは患者様ごとに

必ず新しいグローブを使用しています。 

 

コップ、エプロンも

患者様ごとに必ず新しいものを使用しています。

 

当院は診療台との距離もしっかり確保しています。

 

治療が終わる毎に診療台を消毒剤で清掃しています。

 

治療時によっては水が飛ばないように

必要に応じて口腔外バキュームを使用します。

 

換気のため個室にも換気扇を導入し、外気が循環するように

サーキュレーターを回し、また医院の入り口を定期的に開放しています。

 

ゴーグルと使い捨てのマスク、フェイスシールド等

の使用を徹底しています。

 

パソコンはグローブを必ず外して使用するようにしています。

 

接触感染リスク軽減のために一時的に

キッズルームのおもちゃ、雑誌等は置かないようにしホームケア用品も

お手が触れないようにディスプレイさせていただいています。

 

ドアノブなどよく触る場所はこまめに消毒・清拭を行っています。