唾液検査 SMT

唾液検査 SMT

 簡単な唾液検査をして虫歯リスク判定、歯周病リスク判定をしてみませんか!?

ふじもと歯科ではちちんぷいぷいでも紹介された最新の「多項目・短時間唾液検査システム(SMT)」を導入いたしました。

 この検査は採取した唾液から、虫歯(PH・酸緩衝能・虫歯菌数)、歯周病(たんぱく質・白血球)、口腔清潔度(アンモニア)などの全6項目を、現在のお口の虫歯リスクや歯周病リスク等を判定する画期的な方法です。

唾液検査 SMTでわかること

歯の健康に関する項目

  1. むし歯菌
    う蝕原性菌数との関連性が認められているグラム陽性菌群によるレサズリンの還元能を検出しています。
  2. 酸性度
    唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすくなります。
  3. 緩衝能
    唾液には、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすくなります。

歯ぐきの健康に関する項目

  1. 白血球
    歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加します。
  2. タンパク質
    口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなります。

口腔清潔度に関する項目

  1. アンモニア
    歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加します。

検査結果は下の図のような形で印刷してお渡しいたします。
この多項目・短時間 唾液検査システム(SMT)が当院に通院される患者様のお役にたてばと考えています。

当院の唾液検査は簡単3ステップです

1.採取 「10秒間、お口全体を軽くゆすぐ」

少量の水でお口全体を10秒間軽くゆすぎ、紙コップに吐き出してください。

2.測定 「専用機器で6項目を測定」

専用機器を使用して6項目を測定します。測定時間はわずか5分です。

3.共有 「その場で測定結果をお渡しします」

測定結果は、わかりやすいグラフにしてお渡しします。

当院では、唾液検査の結果をもとに、普段の食事習慣やオーラルケアに関するアドバイスを行っています。私たちと一緒に「歯とお口の健康」を考えていきましょう。

検査結果