親知らずのトラブル

親知らずのトラブル
親知らずの悪影響
ふじもと歯科院長の藤本です。
親知らずは歯の一番奥にあって、しっかりと生えていないことが多く、 そのためさまざまなトラブルの原因となります。
むし歯・歯周病・炎症の原因になる
親知らずがむし歯の原因になるしっかり生えていないと、親知らず周辺にむし歯や歯周病の原因となるプラーク
(歯垢)がたまりやすくなります。親知らずそのものはもちろん、隣の歯までもがむし歯や歯周病のリスクにさらされる
ことになります。また、親知らずが生えきらず、歯ぐきがかぶっていると、そこに細菌が入り込んで炎症を起こすことが
あります。
噛み合わせにも影響
イメージしっかり生えていない親知らずは、しっかりとかみ合わないため、お口全体のかみ合わせ
にも悪影響を及ぼすことがあります。

かみ合わせが悪くなると、あごだけでなく身体全体にも影響することがあります。

抜歯したほうがいいの?
しっかり生えていて、食事の際などにも機能している場合は、できるだけ抜かないようにします。しかし、横向きに
生えていたり、頭だけがでている、もしくはすでに大きなむし歯になっているような親知らずは、その歯だけでなく、
他の歯までもがむし歯や歯周病に なってしまう原因になります。なんらかのトラブルがあった場合はもちろん、
将来的にみて周りに悪影響を及ぼすと考えられる場合には、抜歯をおすすめすることがあります
こんな場合には抜歯をオススメすることがあります