歯周内科と位相差顕微鏡

歯周病とは

歯周病菌

歯周病とは写真のような「細菌」が引き起こす病気。その細菌の数は1ミリグラム(1グラムの1000分の1)のプラークの中に10億以上いるといわれています。
歯は歯槽骨という骨に支えられていますが、歯周病菌と呼ばれる細菌がこの骨を溶かしていき、最終的には歯が抜けてしまいます。この歯周病には、皆さんが知らない様々なリスクがあり、
お口の中だけでなく、血管、気管などを経由して身体全体に影響を及ぼします。

成人の80%は歯周病!

成人の8割は歯周病

歯周病はいきなりかかるものではなく、長い期間をかけて少しずつ進んでいく病気です。
初期段階では自覚症状がなく、「歯周病かも」と気づくころには、かなり進行した状態になっていることが少なくありません。実に成人の80%以上が歯周病ともいわれています。

歯周病の進行と自覚症状

歯周病の進行
obj_cu13_03

ほとんど自覚はありませんが、すでにたくさんの歯周病菌がお口の中に存在しています。少しずつ歯石ができはじめます。

obj_cu13_04

さほど自覚はなく、疲れたときに、歯肉がはれたり多少出血する程度。しかし、歯の表面を中心に歯石がみられ、確実に進行し始めています。この歯石がバリアになり歯周病菌の繁殖をさらに加速させます。

obj_cu13_05

出血する頻度も高くなり、慢性的に歯ぐきがはれたようになります。場合によっては、歯が少しぐらぐらするなど、確実に歯を支えている骨も溶けはじめています。歯石は歯の表面だけでなく歯ぐきの中にもついています。

obj_cu13_06

物を食べると歯が痛むまでに進行しています。左右だけでなく上下にも歯が動き出します。歯を支える骨もかなり溶けてしまっており膿が出ることも。こうなると歯を抜かなくてはならないことも少なくありません。

歯周病が引き起こすさまざまな全身の病気

全身の病気

①心疾患の原因になる

歯周病になると、歯ぐきが炎症を起こし、ただれた状態になります。ここから口の中の細菌が入り込み、血流にのって心臓まで運ばれ、心臓の病気を引き起こします。特に、細菌性心内膜炎の原因のほとんどが、お口の細菌であるといわれています。また、動脈硬化を進行させることもわかってきています。

③早産・低体重児出産の原因になる

歯周病になると早産や低体重児出産のリスクが高くなると言われています。これは歯周病により歯ぐきが炎症を起こし、この「炎症物質」の中に子宮の収縮を促す物質が含まれているからだと考えられています。また、妊娠すると歯周病が進行しやすいことも分かっています。妊娠中の方は歯周病への注意が必要です。

④肺炎の原因になる

お年寄りの多くが「誤嚥性肺炎」という病気で命をなくされています。これは口の中の細菌が気管から肺へと入ることが原因です。食事の際に誤って気管に入ってしまうケースばかりでなく、知らないうちに、だ液などが少しずつ肺へと入り肺炎を引き起こします。歯周病になると口の中の細菌が増えるため、こうした肺炎のリスクがとても高くなります。

ふじもと歯科の歯周内科

ふじもと歯科の歯周内科.fw歯周病治療といえば昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。
しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、 歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がいるのも事実です。
ところが、この歯周病を、薬で簡単に治療する方法がみつかったのです。
原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。
そもそも歯周病は菌が原因なのであれば、その菌を薬で除菌すれば治るのではないかという考えで生まれたのが、最新の歯周内科治療なのです。最近では大学の研究室から論文データが続々と出ています。

歯周内科治療は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、
動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性の ある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。
治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後 は非常に短期間で綺麗に改善し、
術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。
また、はっきりと自覚 できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。
以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1~2年の治療期間でそのような綺麗な微 生物叢を獲得していたのです。
微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も、微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なく なることが知られています。
(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。
そのような場合には残念ながら通常の治療では 元々骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合は特殊な審美外科を行う必要があるかもしれません。)

歯周内科について (国際歯周内科学研究会HPより引用)

位相差顕微鏡とは?

顕微鏡.fw顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。
ふじもと歯科では患者さんの口の中の汚れをほんの少し採取し、顕微鏡で観察します。
顕微鏡で見ることで、現在の菌の状態を確認する事ができ、歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になって行くのかが分かってきます。
さらに、映しだされた動画像を拡大表示する機能を用いることで治療効果のより分かりやすい説明も聞くことが可能です。

保険治療内でもさせていただけますのでご希望の方はお気軽にお声かけください。

リアルタイムPCRについて

ふじもと歯科医院ではリアルタイムPCR法による歯周病菌のDNA診断も行っています。
今まで位相差顕微鏡では歯肉を悪くする菌のうち、らせん状菌は確認する事が出来ましたが、その菌がいないのに歯周病がなかなか良くならない方がおられました。
そのため歯周病を悪化させるその他の菌を確認することが必要となり、それを確認する検査方法、それがリアルタイムPCR検査です。(自費治療になります)

感染経路

ばい菌.fw生まれたときには人のお口の中には歯周病菌は存在しません。
しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今おロの中にいるかというと、人からうつされているのです。
いまも、家族の間でうつしあってる状態にあるかもしれません。
回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。
菌が再びお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発症する可能性が出てくるということになります。
特に危険なのは性感染です。せっかく歯周病を治してもパートナーからうつされたのでは意味がありません。
パートナーの方と同時に治療なさることをおすすめします。

治療の流れ

歯周内科治療は従来の歯周病治療と比べると、患者様の負担の軽い治療です。
治療計画に基づいて口腔ケアをきちんとすれば、3週間程度で驚くほどの改善が見られます。

治療の流れ.fw

治療の効果

歯周内科治療を行うことで、以下のような効果が期待できます。

  • 口臭がなくなる
  • 歯磨きの時の出血がなくなる
  • 歯ぐきが引き締まる
  • 歯の動きが収まってくる
  • 口の中のネバネバ感がなくなる