小児歯科

ふじもと歯科の小児歯科

ムシ歯やその他の異常がないかを調べ、治療方針をお話しします。
フッ素の重要性、食事・間食のとり方、シーラント処置、ブラッシングのアドバイスなど歯を健康に保つために役立つお話をします。それ以外にも顎の発育、口呼吸の改善のためのトレーニングなども必要があればさせていただきます。

また、子供の矯正治療も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

子供の虫歯予防に関しては歯が生え始めてから6歳くらいまでの間に徹底してやっていく必要があります。その時期にしっかりとした虫歯予防ができればその後お子様に虫歯ができることはほぼないといわれています。

虫歯予防に関してお子様に合わせた期間、方法をお話しさせていただいています。(1~3か月ごと)

シーラント

奥歯の溝は、歯ブラシが届きにくく、お手入れが難しいです。
そのような場所へ、むし歯を予防するためにこのお薬を付けます。

特長

  • 歯を削ることなく、むし歯の予防ができます。 

  • シーラントは乳歯だけでなく、生えたての永久歯にもとても有効です。

  • 取れてくることがあるため定期的な検診によりチェックが必要です。

乳歯のケガ

お子様のお口のケガは頻繁に起こり得ます。
転んだ・ぶつかったなどで、出血したり、歯が欠けたり、形・位置が変わってしまうこともあります。
そのような場合は、早めの受診をおススメします。
乳歯だけでなく、奥に控えている大人の歯にまで影響する可能性も。
児童の永久歯は、まだ完成しておらず、発育の段階です。
そのため歯の発育に影響をあたえてしまうのです。
放置せず、診察を受けましょう。

※ケガなどで歯が抜けてしまった!

速やかな対応が必要です。
・抜けた歯が汚れていても、水道水で洗ってはいけません。
・乾かさないことが重要です。

「成分無調整」の牛乳に漬けてできるだけはやく受診しましょう。

こどもの歯の親御さんの管理について 

乳歯が生え始めたら

生後6ヶ月を過ぎると、乳歯が生え始めます。
最初は前歯しか生えていないのでガーゼで拭く程度でも良いですが、授乳をしたまま寝かせないこともポイントです。

お子様を仰向きに寝かせ、頭の方からお口を覗き込むようにしてブラッシングをしましょう。
1歳6ケ月~3歳

間食は食べる量だけで、遊び食べをさせないことがコツ。
そして、お茶・お水を飲ませて終わらせましょう。
自分で歯ブラシを持って磨くことを覚えさせましょう。
仕上げ磨きは欠かさずに。
歯と歯の間に通すフロスはとても有効です。

歯科医院で定期的なフッ素の塗布が良いでしょう。
3歳~6歳

飲食後にはお茶・お水を飲むことを継続させていきましょう。
仕上げ磨き。

フロスはそのまま使っていきましょう。

また、食育のお話、歯並びについてのお話や口呼吸改善のためのトレーニング装置なども取り入れていき、お子様の歯の健康だけでなく全身の健康もみていけるような医院を目指し日々研鑽しております。

週に1,2回小児科勤務経験のある看護師が午前中のみになりますが勤務しています。お父さま、お母さまの治療中に子守りさせていただきますので、ご予約の際に子守希望とお気軽にお伝えください。

よろしくお願いいたします。

 

個室診療室の案内はこちらから

キッズスペース付個室診療室の案内はこちらから