小児矯正

こどもの矯正治療

当院ではこどもの矯正治療も行っております。歯を抜かずに顎の骨の成長を促す咬合誘導による矯正治療になります。その際に歯並びを悪くする原因(悪習癖)も改善し、訓練も行っております。(これがきちんとできないといくらきれいに歯が並んでも後戻りして元の悪い状態の歯並びに戻ってしまいます)

当院では床矯正治療とマウスピース矯正治療(プレオルソ)の2通りの治療を行っております。

ほとんどのケースでは併用する形になります。

床矯正治療に関しては約1か月に一度の来院が必要です。プレオルソ治療に関しては1~1.5ヶ月に一度の来院が必要です。治療が落ち着いてきたら3ヶ月に一度の来院で経過を見ていきます。

次にプレオルソ(マウスピース矯正)と床矯正治療についてご説明させていただきます。

プレオルソ(マウスピース矯正)

  プレオルソ

プレオルソ

 

 

 

 

 

 

 

プレオルソは小児(4才~10才)の骨の軟らかい成長の時期に使うことで、非常に大きな効果が期待できます。
例えば、ご両親が非常に気にされることが多い「お口ポカン」に代表される「口呼吸」を「鼻呼吸」へ促します。
「プレオルソ」は、「咬み合わせ」と「歯ならび」を改善すると同時に、体が持っている本来の機能を活せるように改善させる「口呼吸から鼻呼吸へ」が非常に重要と考えています。そういう意味においても、この治療法は、子どもの成長発育にとても大切だと考えております。
装置を使う時間は、「寝ている時」と、家にいる間の「1時間」以上です。
マウスピース式なので取り外すことができ、学校や幼稚園・保育園に持って行く必要がないため、誰にも矯正を始めていることが分かりません。
そのため、お子さまが嫌がることも少ないです。
また、食事のときは装置を外していただき、歯を磨いてから口の中へ入れていただくので、虫歯になることも予防しやすいです。
「プレオルソ」は、見た目と機能の上で実用的な80点の「咬みあわせ」と「歯ならび」を目指しています。
新素材のマウスピース(この治療法のために開発されたもの)を使用するので、個々の口の中での調整がしやすく、治療効率が良いです。

1装置の使用期間は最長1年です。はじめはソフトタイプからの使用になるためハードタイプへなるべく早く移行したほうが矯正力がしっかりかかるため2回目の装置作成に関しては半年ほどで移行するケースが多いです。

床矯正治療=顎を拡大する取り外し式装置

床矯正

現代の子どもは、実は昔よりも歯並びは悪くなってきています。それは昔の子どもよりもさらに小顔の子どもが多く、顎がその分小さくなり、歯の大きさだけは変わらないので、歯が並ぶスペースが無くなっているためです。その結果、乱くい歯などの不正咬合があまりにも多いのが実情です。

そうした顎が小さく細くなっている状態を顎の成長に合わせ、広げて歯が並ぶスペースを作っていく目的の装置が「床矯正(しょうきょうせい)」です。

顎の骨が硬くならないうちに(5~10歳まで)、床矯正装置を1日に一定の時間(最低14時間)付けていただくことで子どもの顎骨の成長に合わせて歯並びを良くしていきます。

真ん中にあるネジをご自宅で数日ごとに回していただくことで顎に矯正の力をかけていきます。

子どもの成長とともに治すことにより、歯を抜かずに歯並びをきれいにできる可能性が高くなり、大人になってからの矯正費用と手間暇・時間を省く事が可能になります。従来の矯正歯科治療よりも予算もかけずに、成長をともないながら歯列矯正ができます。
また、当院では床矯正治療に機能訓練も併用して行っております。装置のみの矯正治療では原因をみていないため必ず後戻りしてきます。当院では原因も追究し、なぜ今の悪い歯並びになってしまったのかをいっしょに考えながら原因から直していく治療を行っております。

治療費について

矯正治療(機能訓練・床矯正・プレオルソ治療)矯正基本料18万7千円(初回の装置料込)
追加装置料2万2千円 矯正調整料1,800円
床矯正装置修理費用 3,600円(税込)

※治療費については予告なく改定の可能性があります。ご了承下さい。

だいたい半年に1度装置の作り直しあるいは装置の修理が必要です。

終了までに症例にもよりますが4~6個ほど装置の作り直しが必要になるケースが多いです。

治療期間はその子の状態にもよりますがだいたい3~4年前後でその後のフォローは中学2年生
ぐらいに7番目の歯が生えてくるまでは必要です。

当院の矯正治療は1次矯正といって7~8割程度のある程度の歯並びをゴールに設定しています。
100%に近い理想的な歯並びをご希望の方は2次矯正が必要になります。

その際は成人のマウスピース矯正が必要になりますので2次矯正に移行していきます。

矯正専門医とも提携しているため、症例によっては2次矯正の段階か初めから矯正専門医の先生にご紹介させていただく場合もあります。

当院の小児矯正は5~9歳くらいがはじめる時期の限界になります。それ以降になると1次矯正でできるところまで治療後2次矯正を行う必要が出てきます。

当院での2次矯正につきましては追加で約30~80万前後かかります。

ご相談に関してはいつでも承りますのでお気軽にお声かけください。