予防歯科

予防歯科とは?

37ac37b382209c337be554d8c9af2c4c_m

予防歯科とは、むし歯や歯周病などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。
私たちも、皆さんの歯を削ったり抜いたりするのは、決して楽しいことではありません。そこで私たちは、むし歯・歯周病の予防に力をいれ、一人一人に合わせた、予防プログラムを作成しています。
歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院などでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な健診が大切です。

世代別予防方法

e6640fe6680a39da34bd3ce4a6842bc0_m

〔赤ちゃん〕

赤ちゃんに対しては、まだ虫歯になっていない未病の状態なので食生活に気をつけていただくことと、母子感染の予防することが大切です。
定期的なメンテナンスを続ければ、一生涯虫歯にも歯周病にもならない子供に育つ可能性がありますからがんばりましょう。

 

94fdef6abd9c92d38dd7c06b610c24cb_m

〔小児〕

お子さんや若い方の場合は、虫歯になっていたとしても、症状が軽い人が多いですから、歯医者さんできちんとケアすることと、ホームケアに気を配っていただくとよいでしょう。大切なのは、
定期的なメンテナンスを続けることで、虫歯にならないように予防していくことと虫歯になったとしてもその虫歯を進行させないように管理していくことが大事です」

 

0b54b649db7574fc9763930a1506461a_m

〔成人〕

30歳代以降の方は、ほとんどの方が軽度の歯周病にかかっているといわれています。
虫歯も含めれば、全くかかっていない人は1%もいないでしょう。つまりほとんどの成人の方には歯科検診が必要なのです。
あなた自身に合ったメンテナンス期間を設定し、虫歯や歯周病の発症を遅らせたり、発症しても軽度ですませることができるのです。

 

df8f2cc58130506676cd850f3f283d07_m

〔高齢者〕

高齢者のみなさんは、虫歯や歯周病になっている方が多いのですが、これを放置して歯周病になっている方が多いのです。
しかし、これを放置していては虫歯や歯周病の菌が体内に侵入していくことで、
脳梗塞や心筋梗塞のリスクが何倍にも高まってしまいます。
全身の健康維持のために、口腔内の悪いところを治療し、メンテナンスをする必要があるでしょう。

ふじもと歯科の予防検診

歯周病予防

ふじもと歯科では歯周病の予防等に超音波スケーラーを使用しております。
超音波スケーラーは、1秒間に数万という振動と同時におこる キャビテーション効果により、酸素が送り込まれてポケット内の嫌気性菌を死滅させます。

虫歯予防

ふじもと歯科では、虫歯予防・初期虫歯等にはフッ素の入ったジェルでのPMTC、フッ素塗布を行っております。

フッ素以外にもPRGバリアコート(酸中和能、抗プラーク付着性、フッ化物イオンリリース&リチャージ)を塗布することで歯の再石灰化をより促すことができます。(虫歯もなおる可能性のある初期虫歯はフッ素、バリアコートで定期的に管理しています)

プロフェッショナルケア

ふじもと歯科では患者様ご自身によるお口の清掃と私たちでなければできない技術を用いた、プロフェッショナルトリートメントでお口の健康を守るお手伝いを致します。

染め出し 歯の表面に傷がつかないように汚れが見て分かるように染色液を歯に塗ります。
クリーニング 歯石があれば超音波超音波スケーラーやキュレットで除去します。
PMTC 専用のペーストと器具を用いて、歯の表面をピカピカに磨きあげます。当院ではひとりひとりの口腔内にあったペーストを選んで行います。